Blogブログ

2012.03.10

一変する風景・・現実

⑤ 一変する風景

 

いざ宮城県へ!!白河は生活が徐々に回復し始めた頃…。
未だに断水のだと聞き途中入浴。  並びました つい一週間前を思い出します。
夕食も早々済ませました。仙台付近は街中だから道路を見ても白河ほど酷くもなくお店も開いてます。
思ったより普通。薄暗くなり混んで来ました。

交差点を曲がり産業道路をひたすら走ると???

何か変!!

ここから先の信号から消えてる・・何? 

町も暗く…いえ、そうではなくて・・

町が無~い、何もない・・・
 

 う。うそでしょ・・

なんとか道路は通れるようになってますが、周りは酷い光景が…

th1.jpg

(画像は・・・一般提供されてるものを使用)

津波で、流れ着いた車が家屋に突き刺さり
タンク車が逆さになり電車も…潰れた車に瓦礫の山荒れ地は家の跡形もなく泥沼 ガソリンか灯油か分からない黒泥沼…が広がる光景・・・・・毎月来ていた町が… 泣けて来ます。
テレビや聞いていたけど現状は想像を絶しました。 津波・・・恐ろしい

 

絶句しつつ、無事到着!!
多賀城駐屯地の門の所に 津波の跡形がありました!!(こ・こまで波が??まさか・・・)

男性の肩の高さくらいまで来たのだそう。170㎝前後ってところですね・・・

旦那の親戚が現職の自衛官で現地で会うことが出来ました。
車を流されたそうです。3ヶ月も乗ってない新車…

1a6715dcf0cd3fae63940b22d4816175.jpg

当初は道路をゴムボートで渡り救援に向かったようです。本当、ご苦労様です。
 

正直、おかしくなると話てました。
死体を…30体位引き上げたそうです (この時点でのお話) 悲しい現実
地震そのものの被害は白河市の方がひどかったのかもしれません。
ここでは、地震による津波 の恐ろしさ…違いはあれど 正に天変地異 現地はいまだ断水中!です。

さて、部隊に着きました。 まずは、支援物資!!

おにぎり、かなりの人気!!支援の励みにもなり、皆喜んでくれました。

改めて、皆さんありがとう♪ 

なにより、完売が早かった・・・
久しぶりの白いご飯だった方もおり、現地の悲惨さを物語ってましたよ!

その他の物資も、早々、完売です。本当助かったと、皆さん嬉しそうでした。

 

⑥ 工夫

泊まってる場所(多賀城駐屯地)は、 断水気味?までには、なってました。

数日が達ち 徐々に回復してるのだな~と感じます。顔や歯は洗えます。良かった~
(一応汲んだ水も持ってきたのですけどね。)

下水道の復旧が見通し立たないと言います。
下水から汚水が溢れてるようで でもそんな泥や、ヘドロの除去を頼まれた方々もいて…本当ご苦労様です

トイレは全て仮設の簡易トイレ。仮設があっただけ良かったです。天国!ありがたいです。夜は懐中電灯で、トイレへ。

当初、穴堀ったから~と言われて、かなり〔ドキドキ〕でした。
数十メートルの穴を掘った仮設トイレ・・って、穴です。 落ちたら大変です。
これは、ほんとの意味で○○まみれです><もの・・・(ぎゃ~!!

 水がないのでどこの簡易トイレも新聞紙の袋に使用紙を入れるようになってます。
場所にもよりますが汲み取りも毎日ではないし、かなりの人数が使用してます。
 そうやって無駄に水を使用しないように考えてるのですね。エコ発見!

 

2012.03.10

出発前日そして、救援物資(愛)

③ 出 発 前 日

 

みなさん、本当にありがとうございます。
明日、支援に向かいますが、情報を仕入れる中ある記事
現職自衛官の方達は、救援で豚汁などを振る舞っているが自分たちは、冷たいパックや缶詰を食べていると言います。
お風呂も自分たちは入ってないような話でした。

家族を亡くされた方、行方不明だったり、家も流された方それでも、任務の遂行なんですね。
仕方はないのでしょうが何だかやりきれない気持ちです。(まさしく自衛官の使命ってやつですね。)

私が行って何をするのか、何が出来るのか?させられるのか全く分かりません

役に立つのか?  (の前に耐えられるのかしら)sweat02

そんな時、少しで不安を減らそうと、電話でご飯は?お風呂は?トイレは?と聞きました。
やはり、不安ですし。未だ断水>< なんですね。

おにぎりくらいなら持って行けるかな?という安易な考えが浮かびました。

1人では限りもあり全員に渡らないのなら、やめた方が・・・と一端断念。

しかし実際"記事の用に ずっとそういった食生活だと聞いてたので、1人でもいい。と。

あるメンバーさんとのやり取りで、何かできないか!という話が上がりました。
そんなお話をしてみたら、是非、作らせてほしいとなり、思い切って他のメンバーさんに
お伝えだけしてみました。

何かしたかった。是非手伝わせて欲しい、と皆さんいってくれて本当感謝です。

皆さんの気持ちを一緒に届けたいと思いますheart
(私って、素敵なメンバーさんに囲まれてるな~。しみじみ感動)

こんなこと伝えるのなんか悪いかな?と躊躇していたのですが、思い切って話してみて良かったです。

ガゾリン問題もあるのであくまで範囲内での支援。

でも、被災地区には届くが、救助者側って、見落としがちかも知れません。

自分たちも被害者なのに・・・wobbly。辛いのに・・・弱音を吐けないから、より辛いと思います。
モチベーションも少し上がれば、救助や救援がスムーズに早急になるかもしれませんよね。

1人の力が1人の救助者をそして被災者を、みんなが一つにって、こういうことなのかもしれませんね。
支援の輪 
 今年は愛の年だそうです。(2011)
皆さんの愛しっかり届けます。本当にありがとうございます。heart01

 

 ④ 救援物資

本日出発日

皆さんから頂いた支援物資こんなに集まりました~
沢山の支援物資

→    

 
感謝 感激
昨夜及び 朝早くからそして仕事前にも関わらず そして手書きメッセージやメールまで有り難いです。まさに救援物資輸送車でした。
(手作り おにぎり162個・カップ麺やカップご飯など保存食)他、水やらなんやら…

皆さんの気持ちも乗せて~!では行って来ますup

それぞれが持ち寄ってくれ、
災害派遣に行くついでに、持って行けるもの、支援者達の支援にもと、メンバーさんがこんなに沢山
大変な中、持ち寄ってくれました。

おにぎりは手作りです。heart04

みんなの気持ちがこもっています。heart

約一ヶ月の間、メッセージ入りチョコをくれたYさん!!
毎日、かじりながら頑張るよ~。ありがとう!

復興は簡単ではないでしょうが、明らかに少しずつ 皆が前進中なので時間との問題だと思います。

みなさん、本当にありがとうございます。
引き続き支援も出来る限り 思いだけでも大きな力ですし、本当、出来る範囲からやって行けたらと思います。 

2012.03.10

東日本大震災! 災害派遣命令!!

① 東日本大震災

仕事を終えて、遅めのランチカフェ♪ いきなり〔ド~~ン!〕という衝撃が・・
そう、〔3・11東日本大震災〕でした。

何が起きたか、周りはパニック!景色が揺れ(歪んでいる)今までに無い様子に
悲鳴が上がる。

家族の安否をまず確認。テレビもつかない>< 水道も止まってしまった・・・sweat01

すぐ直る!そんな思いがありました。しかも、この辺りだけのことだと。

時間がたつにつれ、横浜、東京辺りもひどかったという事実を知り呆然coldsweats02

母の安否を確認するのに、一日以上かかった・・coldsweats02 
真っ暗な寒い部屋。翌日電気が通りました。ニュースを見て、ことの重大さに・・

日本は一体!津波?waveそして、しまいに放射能って??

理解できない事態が、一気に起きました。
仕事どころではない、ガソリンも無い
映画のワンシーンのような日々・・しかしこれが現実でした。

 携帯へ、自衛隊から安否確認がありました自衛官は忙しいだろうな~。

大丈夫ですか?異常はないか! そして、会話が続く中、

もし、災害派遣要請が出たら、来れるか??〕
へっcoldsweats02??? (それは・・・どのくらいの期間?いつから?仕事の調整は?何するの?)

今すぐは返事できませんが、状況によってはいけると思います。との返答しか出来なかった。

まずは、交通手段がありません>< ガソリンが足りないです。
仕事もいつから始まるのか、不明だし・・。と 
会話が終わってから、まさか!それはないでしょう。と(事例がないし、ま・さ・か・・ねsweat01

まさか、即応予備自衛官に災害派遣が本当に?あっても駐屯地勤務だろう、現場というより・・
なんて思っていました。
 
しかし、今、私達に何が出来るのか?考えるように

地震から数週間たち、長い長い日々に感じます。

何かできたら・・・そんな気持ちは個々にあるのに、それでいて自分たちも被災地区の住民なんですよね。
道路も余震の度に亀裂が大きくなってます。
応急処置はしてあるけれど、これは復興に時間が相当かかるのだろうな。

 

② 災害派遣の命令!

『もし、災害派遣かかったら来れる?』

YES!ですが、まさか、まさか、本当に行くことになるとは・・・

自分たちの住む町が被害に遭い、途方に暮れた日々を数日過ごし、余震にも変に慣れてしまった

この頃、物資も徐々に(まだまだですが・・)
最初に比べたら過ごしやすくはなってきました。
ライフラインが復旧したことでかなり楽になった生活になれたころ、

現場は、断水でお風呂も入れない・トイレは仮設?山って?(穴掘ってるとか言うしshock

ご飯は缶詰かパック飯・・・・の地区へ足を踏み入れようとしている・・

大丈夫?自分がよく分からない。考えても仕方がない!頭より先に準備してる自分がいました。

気持ちや口で言うのは簡単ですが、一応女性だし、衛生面がとても気になります!(人一倍気になる)

そんなに甘くないです現実。

私だけでなく、即応自衛官の皆さん。色んなやり取りと調整で、参加したのですよね。
たぶん・・あの、同じ部隊のKさんだと、思うのだけど・・・この新聞記事 (気持ちは皆、一緒)

 
情報を仕入れると、その酷さが伝わって来るも、実際見るのとではきっときっと
全く違うのだろうな~sweat02

聞いてるだけでも、何だか涙出そうになるときあります。あまりの酷さに・・・

自衛隊の車、災害派遣準備して、出発の時に『津波』にあったとか!!
皆さん無事なんだろうか・・・? 
こんな状態だった訳です。

多賀城駐屯地 → c764ab949f0bbf564b952b424fe42722.jpg

こりゃ酷い><  (早々の派遣準備も、字のごとく・・水の泡ですよ~sweat01

聞くに聞けないこの状態。

お風呂に入れないとストレスがたまる私・・・でも、皆だ!(葛藤中)

そして、旦那より長く滞在する予定・・・こりゃいい方法を考えていかねば!!

夏に山に演習に行ったときに、使ったアロマスプレーとか、結構余計な物もあるかも知れないけれど、バカに出来ない

代替医療のアロマオイル!こういうとき重宝するのです。自作しました。(殺菌・消毒・消臭効果のサンストーン入りアロマスプレー)

メンタル・ヘルス・消毒やら感染予防やら~作成準備に入れ物買ってきました。

感染防ぐための、万能サプリメント!常備!!そして、栄養不足にならないように、

青汁まで!!

さて、準備完了!忘れ物はない?  

123
PAGE TOP