Blogブログ

2022.06.29

6月 お寺ヨガ/自己と向き合うマインドフルネスな時間

6月は、金曜日平日の【お寺ヨガ】でした。

すっかり暖かく…というか、梅雨時期は・・・・💦 湿度の高さや、これからの季節は、熱中熱中症リスクも上がるのでマスクは臨機応変に着脱下さいね。(飛沫が飛び散るような動きではないけれど…気を付けましょう)ということで、来月7・8月の時期は、

【眠りのヨガ ヨガニドラ】となります。

日中は、日常の不調緩和や呼吸など、自律神経を整えながら自己と向き合う時間。

ご自身の体と向き合うことは心とと向き合うこと

心身の繋がりを体感しつつ、頑張りすぎずに、かと楽~をしすぎず。ここでの楽は 怠ける系の意味です。

楽していいですよ~っていうのもありますが、同じ繰り返し・変わらないって一見いいことのようですが、いつも同じことをしていると楽で、変わろうとしないという、これでいいという、停滞・衰退のエネルギーに‥‥なるから。 ヨガでは【タマス】という質にあたります

ポーズそのものが、単なるエクササイズではなく、そのような自分の質を知るツールになるようにしています。
どこがご自身の 中道なのだろう・・
だからこそのマインドフルネスヨガ。気づきに対しても、中道で、常に気づいている状態であること。
なので、寝てはいませんが気づいていて、起きているけれど物事にとらわれないという 内観がどんどん深まるようになります。

そして、夜の部は、よりここを深めるヨガニドラオンリーな時間です。

眠りとは言うけれど、寝ない事が大切。お疲れの方は寝てしまうこともあるけれど、それは体のメッセージ。
だから、寝てはいけないわけじゃないのです。ただ、ヨガニドラにはならないよ~というだけ。どの体験も糧にしてください。些細な、音など何か外部の環境に、覚醒してしまう方は、そういうものに常に影響されやすいのかもしれません。すべてを受け入れて、ただ眺めるという練習です。 それらも気づきですよね~(´∀`*))

次に生かしていただくのは勿論、日常で意識をもって生活していくことだけでも、気づきからの変化となり、ヨガの実践となります。神秘体験があったりクリアーにと…あまり期待しすぎないようにしましょう。それが目的ではなく今必要な気づき、今必要な体験なのです。

目標を高く設定しない事!はストレスを軽減します。
ポイントは、始まる前と比べてどうなのか!を感じていくことが大切です。出来ないことにフォーカスしていないかな?出来なかった・わからなかった・もっとこう出来たら…という風に><出来なかったことにSPOTを当てる思考の癖を少しずつ減らしていくとgood。
出来たことは何かを見ていく癖をつけてみる♪ただあることに気づき、色々と思考しない事。頭の中のざわつきを少しでも掃除する作業!!なので少しでも片付いたら〇です。いっぺんに片付けようとせずに、まずはさっきより片づけばいいのです。そこに

サンカルパ:ハートからの願いは、目的と意図をもって‥‥(人”▽`) 種まきを!

次回もまたお待ちしております。

詳細→7月24日・8月28日   日曜日

↓お申込みフォーム↓

✴︎お申込みについては、主催の壽徳寺様へご連絡ください

PAGE TOP